かねしげ

海産・珍味

干くちこ

日本三大珍味のひとつ。能登なまこの卵巣を干物にした高級珍味。
軽く火であぶり、手で割きながら食します。本物の味わいをご賞味いただけます。

商品を見る

能登なまこ

七尾湾で獲れる「能登なまこ」
適度な食感と、そのままでも食べられる旨みで市場でも評価が高く、道場六三朗氏にも「能登のナマコはひときわ美味い」との評価をいただいています。

商品を見る

もずく

ミネラルや食物繊維が豊富で、健康維持の強い味方。
口当たりが滑らかで、のど越しが良い絹もずくや、シャキっとした歯ごたえがたまらない黒もずくもあります。

商品を見る

鮮魚・魚介

四季折々、旬の鮮魚をご家庭の料理の素材向けにさばいてお届けいたします。夏には能登ガキ、冬はズワイガニやアンコウ鍋セットが好評です。

商品を見る

日本海と能登半島の自然の恵み

厳しく冷たい冬の日本海を生き抜く、生命力豊かな海の幸。
穏やかな水面と能登の山々に包まれて、やさしく生き物を見守る七尾湾。
能登半島の自然が織りなす四季の味わい。

岸壁に大きな洞窟を穿つほどの荒波が押し寄せる日本海。冬には厳しい寒さを迎える日本海にも、たくさんの命が息づいています。

日本海では、黒潮から分かれて北上する対馬海流と、オホーツク海から南下するリマン海流が合流します。能登半島は2つの海流が交差する海域にほど近く、暖流の対馬海流にのって、鯵(アジ)・鰯(イワシ)・鰆(サワラ)・太刀魚(タチウオ)・鮃(ヒラメ)・鰈(カレイ)・鮟鱇(アンコウ)・鰤(ブリ)・鮪(マグロ)などの漁場が形成され、冬場には冷たい海流に乗って鱈(タラ)・ズワイガニ漁が最盛期を迎えます。

能登半島には沿岸漁場に恵まれた外浦の漁港、ナマコの生育や牡蛎などの養殖に適した七尾湾があり、四季折々の味わい豊かな海の幸に恵まれています。能登の山海は、人々の愛情に応えるように今も豊かな自然を育んでいます。